ストレートティーの入れ方

ストレートティーのいれ方

紅茶のいれ方は、やはりストレートが基本。紅茶の香り、水色、味をたっぷり堪能できる紅茶のいれ方をご紹介いたします。

ストレートティーのいれ方の手順

ストレートティーのいれ方

1、たっぷりのお湯を沸かす

やかんに水道から汲みたての水を入れ、火にかけて沸騰させます。 5円玉程度の泡が吹き出すのが目安になります。

ストレートティーのいれ方

2、ポットとカップを温めます

紅茶を入れる前に、ポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めます。1~2分。 常温のミルクを使うので、カップは忘れずに温めましょう。

ストレートティーのいれ方

3、ポットに茶葉を入れます

ティースプーン1人1杯(3g~3.5g)の茶葉を人数分入れます。 小さい茶葉を大目に入れ、濃い水色の紅茶にすると、色合い、風味ともミルクティーに合います。

ストレートティーのいれ方

4、お湯を勢いよく注ぎます

沸騰させたお湯を人数分注ぎます。 1杯150~160mlが目安になります。

ストレートティーのいれ方

5、よく蒸らします

蒸らし時間は、細かい茶葉は2分半~3分、大きい葉3~4分が目安になります。 ティーコージーを使うと保温効果が上がります。 ※おいしい紅茶をいれるには温度を下げないのがポイント。

ストレートティーのいれ方

6、紅茶を注ぎます

茶こしで茶殻をこしながら、濃さが均一になるようにまわし注ぎし、ベスト・ドロップと呼ばれる最後の一滴まで注ぎます。

ストレートティーのいれ方

7、完成

適している茶葉

ダージリン ファースト、セカンド(インド)、キーマン(中国)、ヌワラエリア(スリランカ)、ディンブラ(スリランカ)