ミルクティーのいれ方

ミルクティーのいれ方

英国で一番好まれている紅茶の飲み方がミルクティーです。コクのある紅茶にたっぷりの牛乳を入れたミルクティーは、日に何度も飲みたくなる生活必需品と言えるでしょう

ミルクティーのいれ方のいれ方の手順

ミルクティーのいれ方

1、たっぷりのお湯を沸かす

ヤカンに水道から汲みたての水を入れ、火にかけて沸騰させます。 5円玉程度の泡が吹き出すのが目安になります。

ミルクティーのいれ方

2、ポットとカップを温めます

紅茶を入れる前に、ポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めます。1~2分。

ミルクティーのいれ方

3、ポットに茶葉を入れます

ティースプーン1人1杯(2.5~3g)の茶葉を人数分入れます。 細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にするのが目安になります。

ミルクティーのいれ方

4、お湯を勢いよく注ぎます

沸騰させたお湯を人数分注ぎます。 1杯150~160mlが目安になります。

ミルクティーのいれ方

5、よく蒸らします

蒸らし時間は、細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉3~4分が目安になります。 ミルクティーのときはやや長めにした方がおいしくできあがります。 ティーコージーを使うと保温効果が上がります。
※おいしい紅茶を入れるには温度を下げないのがポイント

ミルクティーのいれ方

6、紅茶を注ぎます

茶こしで茶殻をこしながら、濃さが均一になるまでまわし注ぎし、ベスト・ドロップと呼ばれる最後の一滴まで注ぎます。

ミルクティーのいれ方

7、カップにミルクを注ぎます

常温のミルクをティーカップに20~30ml入れます。
ミルクは乳脂肪3.5程度の一般的な牛乳で充分おいしくなります。
冷蔵庫から出したてのミルクは紅茶の温度を下げてしまいますので、ミルクピッチャーに入れて常温になるようにしましょう。

ミルクティーのいれ方

8、完成

適している茶葉

アッサム(インド)、ディンブラ(スリランカ)、ウバ(スリランカ)、ルフナ(スリランカ)、ケニア(アフリカ)