ハイ・ティー

料理やお酒も入れて楽しむ家族だんらんのティータイム

料理やお酒も入れて楽しむ家族だんらんのティータイム

料理やお酒も入れて楽しむ家族だんらんのティータイム

ハイ・ティー(High Tea)は、一日の仕事を終えて帰宅したご主人とともに 家族で楽しむ夕食を兼ねた夜のティータイムです。

ハイ・ティーが始まったのは19世紀後半のことで、北イングランドと スコットランドの田舎の労働者階級らの間で生まれた、とてもカジュアルな お茶の時間です。夕食も兼ねて肉料理が中心だったことから ミート・ティーとも呼ばれています。 最近では、コンサートや観劇に出かける前の 軽い食事を兼ねたお茶の時間を指すことが多く、 アフタヌーンと夜の間のお茶ということで 簡単なメニューだけで済む作りやすいティータイムとして人気があります。

”社交、親睦のための軽い夕食”程度の解釈となって 現存しているようです。

料理の味に合って、それを引き立ててくれる紅茶を

料理の味に合って、それを引き立ててくれる紅茶を

ハイ・ティーは食事の時間も兼ねているので、 香りはおとなしく、癖があまりないもので、味のしっかりした 紅茶が似合います。