アフタヌーン・ティー

ビクトリア朝時代に始まった優雅なティータイム

ビクトリア朝時代に始まった優雅なティータイム

料理やお酒も入れて楽しむ家族だんらんのティータイム

アフタヌーン・ティー(Afternoon Tea)は、英国の数あるティースタイルの中でももっとも有名で、遅い夕食の前に軽い食事とおしゃべりを楽しむ少し気取ったティータイムです。

19世紀半ば、当時社交界の花形であったベッドフォード伯爵夫人・アンナ・マリアが、友人を招いて開いたティーパーティーが、アフタヌーン・ティーの始まりとされています。このお茶会は大評判となり、いつしか上流階級のサロンティーとして社交の場に。さらには、中産階級や庶民の間に広まってゆき、今でも残る優雅な習慣となっていきました。

現代の英国人にとっても特別なもので、大切な席をアフタヌーン・ティーで… など、一杯のお茶とその時間を大切にする英国人ならではの精神性と美意識が今も生き続けています。

華やかな香りや風味を持った紅茶を

華やかな香りや風味を持った紅茶を

会話を楽しみ、お菓子をいただきながらゆったりとした時間を過ごすティータイムですので、華やかな香りや風味をもった紅茶が似合います。また、話題になるような個性的なもの、珍しいものというのもぴったりです。