ヌワラエリア

スリランカの伝統的観光地、ヌワラエリア産の茶葉の特徴をご紹介します。

ヌワラエリア NuwaraEliya 薫り高いハイ・グロウンのセイロンティー

ヌワラエリア地方ヌワラエリア地方
ヌワラエリアの茶園 ヌワラエリアの茶園
ヌワラエリア セカンドフラッシュ BOPヌワラエリア BOP
ヌワラエリア セカンドフラッシュ BOPヌワラエリア BOPの水色

ヌワラエリアは、スリランカの山岳地域の中心地。街の標高が約1,800mあり、ハイ・グロウンにあたります。19世紀にイギリスからの入植者の避暑地として開発された街には、湖、ホテル、ゴルフ場、公園等があり、現在でも観光地として知られています。

西に下れば、ディンブラ地域、南東に下ればウバ地域が広がり、クオリティーシーズンも、両方の近い地域があるため、年に2回存在します。

標高が高いため昼夜の寒暖の差が激しく、タンニンが増すため渋みが強い味になりますが、中国種が多く芳醇な香りが特徴です。

●飲み方:ストレートティー、ミルクティー、アイスティー

●シーン:アフタヌーンティー(フォーマル)、アフタヌーンティー(カジュアル)、アフターディナーティー

ヌワラエリアのクオリティーシーズン

ヌワラエリアのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア

-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア
コク
-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア
濃さ
-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- ヌワラエリア
華やか