ニルギリ

ダージリン、アッサムに続くインドティーと言えばニルギリ。セイロンティーに近いソフトな紅茶をご紹介します。

ニルギリ Nilgiri  インド南部最大の産地

ニルギリ地方ニルギリ地方
ニルギリ BOPニルギリ BOP
ニルギリ BOPの水色 ニルギリ BOPの水色

インドの産地の中で、ダージリンやアッサムの次に有名な産地がニルギリ。しかし、日本ではあまり馴染みのない紅茶だと言えるでしょう。

場所も、ダージリンやアッサムが、インドの北東部に位置することと比較して、ニルギリは、南インドのタミールナドゥ州のインド洋に近い丘陵部にあります。ニルギリは青い山を意味し、古くから避暑地として利用されていました。

インド洋とベンガル湾がそばにあるため、気候的にはスリランカのウバやディンブラ等と同じく、季節風の影響を受けます。

初期にウータカムンドで中国種を植えて失敗しましたが、その後、栽培技術の進化により、中国種も育てられるようになりました。

●飲み方: ストレートティー、ミルクティー、アイスティー

●シーン:イレブンジィス、アフタヌーンティー(フォーマル)、アフタヌーンティー(カジュアル)、アフターディナーティー

ニルギリのクオリティーシーズン

ニルギリのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- ニルギリ

-KOBE TEA CHART- ニルギリ orthodox
コク
-KOBE TEA CHART- ニルギリ orthodox
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- ニルギリ orthodox
濃さ
-KOBE TEA CHART- ニルギリ orthodox
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- ニルギリ orthodox
華やか