ケニア

アフリカ最大の生産地、イギリス人の生活にかかせないケニア紅茶をご紹介します。

ケニア Kenya アフリカ最大の生産地

ケニア地方ケニア地方
ケニアCTC BP1 ケニアCTC BP1
ケニアCTC BP1 の水色ケニアCTC BP1 の水色

紅茶の新興国の中でも代表的な産地の一つがケニアです。ヨーロッパからの運送時間も短く、イギリスではブレンド・ティーやティーバッグ用として大量に輸入されています。

生産されているほとんどがアッサム種で、CTC製法によって作られています。 フレッシュな香りとマイルドでな味で、渋みが少なく、特にあざやかなオレンジ色で英国でも人気の紅茶ですが、近年日本人の嗜好にも合うことがわかり、輸入量が増えています。

産地は、1, 500~2,700mの高地にあり、東アフリカを縦断するリフトバレーという大きな地溝帯をまたいだ東と西に点在しています。

気候は、3月中旬~5月中旬の大雨期と、10月下旬~12月の小雨期があります。7~9月の乾期に最も品質がよくなります。ほぼ赤道直下のため年間を通じて安定した気温で、1年中茶摘みを行うことができます。

●飲み方:ストレートティー、ミルクティー、ロイヤルミルクティー

●シーン:アフタヌーンティー(フォーマル)、アフターヌーンティー(カジュアル)、アフターディナーティー

ケニアのクオリティーシーズン

ケニアのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- ケニア

-KOBE TEA CHART- ケニア
コク
-KOBE TEA CHART- ケニア
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- ケニア
濃さ
-KOBE TEA CHART- ケニア
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- ケニア
華やか