キーマン

ヴィクトリア王朝の貴族も好んだ中国の銘茶、キーマンをご紹介します。

キーマン Keemun 中国紅茶の最高級品

キーマン地方キーマン地方
キーマン FBOPキーマン FBOP
キーマンの水色キーマンの水色

 キーマンは、ダージリン、ウバとともに、三大銘茶に数えられ、ひときわ高貴な味わいという形容がふさわしい銘茶。 蜜に蘭の花の香りを忍ばせたと形容される独特な香り、甘みを持つ柔らかなコク味で深い真紅色。好きな人ならば、一度飲めばやみつきになる味といえるでしょう。 中国特有の品質区分で分けられ、超特級、特級、一級、二級、三級というように分類され、高い品質のものはエリザベス女王も愛飲している高級茶です。

キーマンは、中国の安徴省(あんきしょう)の西南部にあり、1800m以上を誇る黄山山脈と江西省の省境近くの産地。温暖湿潤気候で、豊富な雨量と雲霧が立ち込めます。 もともとは、緑茶を生産していましたが、19世紀後半に紅茶の製造をはじめました。

4月~7月に茶摘みが行われ、4月上旬に最高品質のものが採られます。

●飲み方:ストレートティー

●シーン:イレブンジィス、アフタヌーンティー(フォーマル)、ハイティー

キーマンのクオリティーシーズン

キーマンのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- キーマン

-KOBE TEA CHART- キーマン
コク
-KOBE TEA CHART- キーマン
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- キーマン
濃さ
-KOBE TEA CHART- キーマン
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- キーマン
華やか