セイロン ミディアム・グロウン

ハイ・グロウンと、ロー・グロウンの中間地域にある、両方の特徴を持つソフトな味の茶葉、ミディアム・グロウンについてご紹介します。

セイロン ミディアム・グロウン Ceylon Medium Grown

ミディアム・グロウン地方ミディアム・グロウン地方
セイロン・ミディアム・グロウン FBOPセイロン・ミディアム・グロウン FBOP
セイロン・ミディアム・グロウンの水色セイロン・ミディアム・グロウンの水色

スリランカ産の紅茶は一般的にセイロンティーと言われています。ご存知のように正式な国名は、1972年にスリランカ共和国に変更されているのですが、その時には世界的にセイロンティーのブランドが広まっていましたので、スリランカからの要望もあり引き続きセイロンティーとして、流通しています。

スリランカでは、山岳地域を中心に茶園が営まれていますが、標高によって大きく3つに区分されています。  標高600m以下はロー・グロウン。標高600m~1,200mは、ミディアム・グロウン。標高1,200~1,800m以下はハイ・グロウンと呼ばれており、各地域ごとに有名な産地があります。

ハイ・グロウンは中国種、アッサム雑種が多く、香味があり、水色が明るく、刺激性の心地よい渋みのある味も軽く、日本でも人気があります。ロー・グロウンは、アッサム種が多く、コクがあります。  ミディアム・グロウンは中間的な要素を持っているとされています。セイロンティーは、主にセミ・オーソドックス製法で行われ、BOP、BOPFのグレードで生産されています。

また、ミディアム・グロウンは、セイロンティーの発祥の地でもあります。19世紀半ばまで、セイロン島ではコーヒーを生産していましたが、コーヒーが疫病による大打撃を受けたため、代わりの農作物を植えなければなりませんでした。そこに、北インドでお茶育成の知識を習得したスコットランド人のジェームス・テイラーによって、ミディアム・グロウンでお茶の栽培が開始され、地元でも評判の紅茶が生産されるようになりました。  その後、ジェームス・テイラーの紅茶は英国でも高価な価格がつき、さらに丘陵地帯一帯で紅茶生産が盛んになっていき、ジェームス・テイラーは「セイロン紅茶の父」と呼ばれるようになりました。 ミディアム・グロウンは、やさしくスムースな味がお好みの方にお薦めの紅茶です。

●飲み方:ストレートティー、ミルクティー、アイスティー

●シーン:イレブンジィス、アフタヌーンティー(フォーマル)、ハイティー、アフターディナーティー

ミディアム・グロウンのクオリティーシーズン

セイロン ミディアム・グロウンのクオリティーシーズン

-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン

-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン
コク
-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン
渋み

水色

-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン
濃さ
-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン
明るさ

芳香

-KOBE TEA CHART- セイロン ミディアム・グロウン
華やか