ブレンドティー

各メーカーから販売されているブレンドティー。ブレンドティーの特徴についてご紹介します。

ブレンドティー ブレンダーの技が冴えるオリジナルの紅茶

ブレンドティーと言うと、異なる産地の茶葉を混ぜて、新たな商品を作るようなイメージがあるのではないでしょうか。もちろん、そのようなブレンドティーもあります。  しかし、厳密に言うと、産地の紅茶として売られている商品のほとんどが、同じ産地の茶葉同士でブレンドされています。

紅茶は、同じ産地の同じ茶園でも、その年の気候などによって大きく味が変わります。商品として流通させる場合には、一定の品質が求められますので、ブレンダーによって品質が管理されているのです。  したがって、特別な訓練を積んだブレンダーの存在抜きには、毎年同じ味にすることはできないと言ってよいでしょう。

また、例えば同じ産地の茶葉でも、イギリス用にブレンドされた茶葉と、日本用にブレンドされた茶葉では味が異なります。それは、ヨーロッパがミネラル分の多い硬水であることに比べて、日本ではミネラル分の少ない軟水ですので、味や香り、水色が変わってくるのです。イギリスで飲んだ紅茶を日本に持って帰ってきて飲むと、違った紅茶に感じるのはそのためです。したがって、日本には、日本の軟水にあったブレンドをする必要が出てくるのです。それには、茶葉と日本の軟水の両方の特徴を熟知しているブレンダーが必要になってきます。

その上で、異なる産地の茶葉を配合し、新しい性格の紅茶が各メーカーから開発されています。例えば、渋みを和らげるために、渋さが控えめな茶葉を混ぜたり、香りが弱い茶葉に、香りの強い茶葉を混ぜるなど、各メーカーによって様々な工夫がなされています。

産地の茶葉の性格を把握してから、各メーカーのブレンド構成を知ると、ブレンドされた意図がわかるようになるでしょう。  様々なメーカーのブレンドティーを飲み比べて、自分にあったブレンドを選んでみましょう。